絶品トロふわグルメ! 『金葉庭』(六本木)の「牛玉丼」を食べてきた

絶品トロふわグルメ! 『金葉庭』(六本木)の「牛玉丼」を食べてきた
食楽web

 赤坂での打ち合わせが17時半過ぎに終了。次の打ち合わせ前に早めの夕ご飯を食べようと、赤坂見附駅周辺をふらふらしていたところ、大通りから1本入ったところに、どこか懐かしい雰囲気の中華料理店を発見。

 表においてあるメニューを見たところ、そんなに高くはなさそう。皿うどん、ちゃんぽんと書かれた貼り紙を見た感じでは、この2つが人気メニューなのかも? 次の打ち合わせもあることだし、迷う前にさっさと食べよう! と決心し店内へと入ります。

店内。右側カウンター席からは、店主が調理する姿が間近で見られる
店内。右側カウンター席からは、店主が調理する姿が間近で見られる

 店に入ると、右にキッチンとカウンター席、左側はテーブル席。18時というオープン直後の時間のせいか、お客さんの数はまばらです。一人なのでカウンター席に着き、卓上にあるメニューを広げます。貼り紙にあったちゃんぽんと皿うどんは各980円。特製角煮や牛肉の青菜炒めなど一品料理は1000円前後、餃子480円、焼売500円と、赤坂という土地柄から考えて良心的な価格設定。写真を見る限り、安いイコール少量、ということもなさそうです。

 やはりここは、貼り紙を信じてちゃんぽんか皿うどんかなぁ~。などと考えていると、気になるメニューを発見。それは「牛玉飯(滑蛋牛肉)」(950円)。漢字をそのまま訳せば滑らか卵(蛋)の牛肉。チャーハンでもなく、天津飯でもなく、親子丼の牛肉バージョン? 他の中華料理店では見た記憶のないメニュー、これは気になります。

 とそこに、お店の人が注文を取りに来たので早速質問です。「牛玉飯は、ご飯と牛肉の上に卵が乗ったものですよ。できたては本当にフワッフワですよ」とニッコリ。となると、余計食べたくなる! ちゃんぽんと皿うどんは次回にして、「牛玉飯」をオーダーです!