ランキング

超濃厚か、超クリアか? 秋葉原「志奈田」で堪能する2種類の絶品煮干つけ麺|田中一明のラーメン官僚主義!

超濃厚か、超クリアか? 秋葉原「志奈田」で堪能する2種類の絶品煮干つけ麺|田中一明のラーメン官僚主義!

濃厚と淡麗とで全くの別もの!1杯1杯にストーリーを感じる『志奈田』のつけ麺 秋葉原エリア随一の創作淡麗ラーメンの人気店として名声を馳せてきた『志奈そば田なかsecond』(※)。そんな『田なかsecond』が6月20日に店を畳み、そのわずか4日後に『九十九里煮干つけ麺志奈田』として復活。あまり…

東京進出を果たした福岡の行列うどん「大地のうどん」が“バリウマ”!

東京進出を果たした福岡の行列うどん「大地のうどん」が“バリウマ”!

東京の自称うどん好きには、なぜか讃岐派が多い。しかし、その影で、福岡出身の人は密かにこう思っているはずだ。「あ〜、故郷のうどんが食べたい」と。そう、福岡はラーメンだけでなく、うどんだってソウルフード。中でも、福岡で行列が絶えないと噂の店が『大地のうどん』だ。その東京店が高田馬場に進出したというので早…

旨い店は運ちゃんに訊け!『中華ソバ伊吹』はなぜ通いたくなるのか?

旨い店はタクシー運転手に訊け!死ぬまで食べたい『伊吹』の中華ソバ

旅慣れた人は「旨いものが食いたければ、タクシーの運ちゃんに聞くのが一番」と言う。ならば、東京の美食情報をタクシー運転手に聞いてみたらどうなる?ということで白羽の矢が立ったのが、一部でプロ級の舌を持つと噂の運転手・荒川治さん。果たしてどんな基準で“旨い”を判断しているのか?初回は、荒川運転手が「死ぬま…

1つあるだけで料理が簡単&楽しくなる!「無印良品」の技アリキッチングッズ6選

1つあるだけで料理が簡単&楽しくなる!「無印良品」の技アリキッチングッズ6選

「無印良品」といえば、生活にまつわるさまざまなアイテムが揃うので、日ごろからお世話になっている人も多いはず。シンプルで無駄のないデザインなので、どんな部屋にもマッチするのが魅力です。 そんな無印良品のキッチングッズは、料理好きの間でも大人気。見栄えの良さはもちろん、ちょっとしたアイデアによる“…

スパイスカレーの最高峰『レインボウスパイス』で絶品カレーを堪能してきた!

スパイスカレーの最高峰『レインボウスパイス』で絶品カレーを堪能してきた!

東京でも屈指の巨大な飲食街を擁する街・中野。そんな美味激戦区の近隣に住む筆者が、最近登場したスパイスカレーの名店をご紹介。 食品専門フロアにカレーの名店を発見 中野ブロードウェイを正面から入って、すぐ右手にあるエスカレーターで地下に降りると、そこは、マニアやオタク色が一切ない食品専門フロ…

バリエーションが多彩すぎる玄米だんご専門店『白金本気だんご』に注目!【スイーツ放浪記】

バリエーション多彩! 玄米だんご専門店『白金 本気だんご』が面白い【スイーツ放浪記】

パティスリーや和菓子屋で、はたまたデパ地下や駅ナカで、日々、新しいスイーツや和菓子がお目見えし、多くの人々の心を幸せにしています。おいしくて愛すべき甘いモノにまつわる情報、そして作り手の熱い思いをお届けします。 南魚沼産コシヒカリ玄米から作るヘルシーなだんご 今回紹介するのは…

年間1800杯!“かき氷の女王”原田麻子さんが選ぶ、今夏イチオシかき氷とは?【第2弾】

【第2弾】年間1800杯!“かき氷の女王”原田麻子さんが選ぶ、今夏イチオシかき氷

「年間1800杯、1日に平均5杯のかき氷を、すべて外食で食べる」という原田麻子さん。TV番組「マツコの知らない世界」に2回登場し、その深い知識と厳選した店情報を披露して、「かき氷の女王」と評された、まさに注目の人だ。前回、原田さんがオススメしてくれたかき氷の名店は、『甘味処志むら』(東京・目白)。さ…

2017年、最注目のラーメン店「かしわぎ」が旨い理由とは?|田中一明のラーメン官僚主義!

2017年、最注目のラーメン店「かしわぎ」が最強に旨い理由|田中一明のラーメン官僚主義!

2017年組の新人王候補!「静」の塩と「動」の醤油の二頭馬車態勢で窺う首都の覇権 6月2日。この日は、2017年の東京ラーメンシーンのメモリアルデーとなるだろう。 オープン後わずか数日で店の前に長蛇の列が発生。ラーメン好きはもちろん、それ以外の方々も皆「ラーメンの好みは人それぞれだが…

甲子園開幕! 観戦ついでに立ち寄りたい、神戸の絶品「中華カレー」とは?

甲子園開幕! 観戦ついでに立ち寄りたい、神戸の絶品「中華カレー」とは?

夏の甲子園大会が始まると、高校球児の熱戦を楽しみつつ、決まって思い出すのが、神戸・元町「香美園(こうびえん)」。1字違いだからという安易な発想ではない。この中華屋には、忘れられないカレーがあるのだ。夏が来ると思いだすその味に、いてもたってもいられず、東京から車で約600kmの道のりを飛ばしてそのカレ…

【日本酒】過去最多44蔵元が大集合!「ふくしま美酒体験in渋谷」開催間近!

【日本酒】過去最多45蔵元が大集合!「ふくしま美酒体験in渋谷」開催間近!

首都圏での開催は今年で20回目。今年は過去最多の45蔵元が揃って地酒を振る舞う「ふくしま美酒体験in渋谷」。いよいよ今週末開催! 3.11をきっかけに支援や応援のカタチにはいろいろな手段があることを知った。行動力には個人差があるし、直接的なものも間接的なものもあるが、たとえば、”日本酒…

【ベジつまみ】じゃがいも・ゴーヤ・ひじきのマリネ|暑さで疲れた身体には、ほろ苦さが心地よい…という話

【ベジつまみ】じゃがいも・ゴーヤ・ひじきのマリネ|暑さで疲れた身体には、ほろ苦さが心地よい…という話

働く妙齢男女が直面する「野菜を摂らなきゃ」プレッシャーも何のその。楽しくおいしく、野菜で飲めれば最高!と、酒に合う野菜のおつまみ、通称“ベジつまみ”を提案。外食好き&料理ベタの酒飲み女性ライターが、マクロビ料理家・丸さんの指南を受けつつお届けします。 いよいよ本格的な暑さが到来。夏らし…

高田馬場で話題沸騰の『とんかつ ひなた』の食べ比べコースがスゴかった!

高田馬場で話題沸騰の『とんかつ ひなた』の食べ比べコースがスゴかった!

『成蔵』『とん太』など、名店がズラリと揃い、今や泣く子も黙るとんかつの聖地・高田馬場に、今年1月、新たなとんかつ店がオープンしました。その名は『とんかつひなた』。すでに肉マニアの間で話題沸騰の店になっています。 先日、知人にこちらのかつサンドをいただき、その美味しさに大感動したので、「これは行…

秋葉原名物! はみ出す中トロ、ウニにイクラものった「贅沢海鮮丼」とは?

秋葉原名物! はみ出す中トロ、ウニにイクラものった「贅沢海鮮丼」とは?

「まぐろ亭」の〈超贅沢丼3,000円〉 お刺身をたっぷり味わいたいという人におすすめの海鮮丼がある。東京・秋葉原の「まぐろ亭」である。 海鮮丼専門店だが、ここの〈贅沢丼〉は圧巻。中トロ、マグロ、イカ、ウニ、イクラ、卵焼きがぜいたくかつ豪快に盛り付けられ、ウニとイクラ以外は丼のふちからはみ…

年間1800杯!“かき氷の女王”原田麻子さんが選ぶ、今夏イチオシかき氷の名店とは?

年間1800杯!“かき氷の女王”原田麻子さんが選ぶ、今夏イチオシかき氷の名店とは?

「年間1800杯、1日に平均5杯のかき氷を、すべて外食で食べる」という原田麻子さん。TV番組「マツコの知らない世界」に2回連続で登場し、その深い知識と厳選した店情報を披露して、「かき氷の女王」と評された、まさに注目の人だ。 昨年9月には自らのかき氷店『氷舎mamatoko』(東京・中野)を開店…

次世代リラクゼーションドリンク「CHILL OUT(チルアウト)」はストレス社会の新たな救世主になれるか?

次世代リラクゼーションドリンク「CHILL OUT(チルアウト)」はストレス社会の新たな救世主になれるか?

“エナジー”ではなく“リラクゼーション”を得られる新しいタイプのサポートドリンクが、アメリカではすでに大ブーム。サプリメントより即効性が期待できる1本で、気分一新、ストレスを吹き飛ばそう。 周知のとおり「エナジードリンク」は、カフェインを筆頭に様々な栄養成分が配合された清涼飲料水のこと。「疲れ…

16歳女子高生「クラシックパンケーキ」を食べに行く【17歳の食楽】

16歳女子高生「クラシックパンケーキ」を食べに行く【17歳の食楽】

美味しいものを食べるのは大人だけの特権じゃありません。高校生だってもちろん美味しいものが大好きです。高校生がその小遣いの中で、いかに美味しくボリュームある品を選び、堪能しているのか。そんな食欲旺盛・現役高校生による、実食ルポです。 取材した子:佐久間かの 絵を描くことに本を読むこと、ゲー…

ノルマンディのブロカントで出会ったぽってりワイングラス【酒器も肴のうち】

ノルマンディのブロカントで出会ったぽってりワイングラス【酒器も肴のうち】

お酒をつぐ器、お酒を飲む器。酒器に思いを巡らせると、気になってくるのが、あの人のお気に入りやコレクション。あのお店のセレクションも見てみたくなる。酒器好きでお酒好きライターによる酒器折々、酒器こもごも。 「何年か前の夏、フランスのノルマンディでバカンスを過ごした時、片田舎のブロカントで…

第1回【カラアゲニストの「から活」日記】『串エ門・室町店』唐揚定食

「枚」で数える焼鳥店の名物からあげはいかが?|第1回【カラアゲニストの「から活」日記】『串エ門・室町店』唐揚定食

朝活、婚活、ソー活、妊活、終活……前代未聞の活動ブームの陰で、「から活(からあげ食べ歩き)」に余念がない、からあげのプロ=カラアゲニストたちがいることをご存知だろうか。これは、からあげの聖地・大分県中津市出身のライター松本壮平氏がお送りする、渾身のから活レポートである。 「枚」で数えるボリュー…

香りをチェックするアレックスさん

クラフトジンも国産の時代? 噂の京都蒸留所に行ってきた

香りをチェックするアレックスさん|食楽web そのクオリティの確かさから、多くのプロたちから熱い視線を集めている「季の美京都ドライジン」。国産では初となるこのクラフトジンを造っているのが京都蒸留所だ。クラフトマンシップあふれる小さな蒸留所を訪ねてみた。 ディスティラーは 若き英国人 …