田中一明のラーメン官僚主義!【第8回】カネキッチン ヌードル【東長崎】

田中一明のラーメン官僚主義!【第8回】カネキッチン ヌードル【東長崎】
食楽web

いよいよテイク・オフ!圧倒的な技量を引っ提げ、目指すは都内No1店舗

 店主である金田氏は、新規店舗のオープンに向け、埼玉県朝霞市、千代田区麹町において、知人が所有する店舗を間借り営業するなどし、着実に資金と実力を蓄積。その地道な努力が実を結び、2016年12月、待望の一国一城の主となるに至った。

 店舗の場所は、西武池袋線東長崎駅と住宅街とを結ぶ動線の上。駅からは、徒歩2分もあればアクセス可能な好立地だ。

「いかがですか。以前召し上がられたものよりも、確実にレベルが上がっていると思いますが」と語る表情には自信がみなぎる。

 看板メニューである「醤油らぁめん」は、そんな店主の自信を裏付ける渾身の1杯。

 滋賀の『丸中醤油』、群馬の『にほんいち醤油』、埼玉の『弓削多醤油』など錚々たる名門醸造所の醤油に加え、4種類の醤油をブレンドしたタレは、豊潤な香りと奥深いコクをしっかりとキープしながらも、小気味良い食べ口を実現すべく鋭い切れ味を演出。

 通常であれば相反する要素である「コク」と「切れ味」を仲睦まじく並び立たせる技量は、これまで店主が積み重ねてきた研鑽のたまものだ。

 もちろん、スープにも全力投球。手は一切抜かない。

 名古屋コーチンの丸鶏と阿波鶏の胴ガラを惜しげもなく使用し、昆布・香味野菜のうま味を折り重ねたスープは、舌先に触れる度に、鶏の羽ばたきが聞こえるような気がするほど豊満なボディラインを誇る。昆布や香味野菜から際限なく湧き上がるエキスが、鶏の滋味を増幅させている点は、この1杯を語る上で外すことができない大切なポイントだ。

 ちまたに溢れる鶏清湯ラーメンと異なり、出汁と醤油ダレの両者が平等に、存在感を十二分に発揮できている点も特筆に価する。合わせる麺は、名門『三河屋製麺』のストレート。全てが小憎らしくなるほど完璧で、付け入る隙は一切ない。

「ここまでしなければ、最近の都内トップクラスの店には太刀打ちできない。更に上を目指すため、研究を重ねていかなければ」と店主(※)。自信と謙虚とが同居する店主を前に、「こんな方がいらっしゃるのであれば、ラーメン界の未来は安泰だ」と胸を撫で下ろした。

(撮影・松山勇樹)

・・・・・・・

(※)最近の都内のラーメン事情とは?
 ここで店主が指しているのは、淡麗ラーメンを取り巻く事情であると思われるので、その点に限って解説する。
特に2010年代に入った頃から、「ミシュラン」で星を獲得した巣鴨の『蔦』をはじめ、浅草橋の『くろき(きは七3つの文字)』、高田馬場の『やまぐち』『巌哲』、東小金井の『くじら食堂』、仙川の『しば田』など、淡麗ラーメンを提供する実力店が立て続けに登場し、現在、これらの店舗が、都内のラーメン店ランキング上位をほぼ独占している。
 これらの店舗は、例えば、スープの素材に「鴨」を用いたり、具に「トリュフ」を配したりするなど、一般的なラーメン店とは一線を画するギミックを用いている場合が多い。また、押しなべて店主が勉強熱心で、味のブラッシュアップに余念がない。
 このような店舗群と比較の俎上に上り、さらに進んで、その店舗群と肩を並べる存在になるためには、ここから更にたゆまざる研究を重ねることが必要といった意味合いである。

・・・・・・・

●SHOP INFO

カネキッチン ヌードル

店名:カネキッチン ヌードル

住:東京都豊島区南長崎5-26-15 マチテラス南長崎2F
TEL:03-5906-5377
営:火曜~土曜:11:30~15:00、18:00~21:00、日曜:11:00~15:00、祝日:11:00~15:00、18:00~21:00
休:月曜(祝日の場合は翌日)

●著者プロフィール

田中一明

フリークを超越した「超・ラーメンフリーク」として、自他ともに認める存在。ラーメンの探求をライフワークとし、新店の開拓、知られざる良店の発掘から、地元に根付いた実力店の紹介に至るまで、ラーメンの魅力を、多面的な角度から紹介。「アウトプットは、着実なインプットの土台があってこそ説得力を持つ」という信条から、年間700杯を超えるラーメンを、エリアを問わず実食。現在までの通算杯数は8,000杯を超える。