旨い店はタクシー運転手に訊け! 粉のプロが作る日本一“分厚い”たい焼き専門店『けんぞう』

旨い店はタクシー運転手に訊け! 粉のプロが作る日本一のデブたい焼き専門店『けんぞう』
食楽web

旅慣れた人は「旨いものが食いたければ、タクシードライバーに聞くのが一番」と言います。そこで、B級グルメに精通する現役運転手・荒川治さんにイチオシのお店を教えてもらいます。

 最近、タクシーの窓を開けると、キンモクセイのいい香りがしてきます。この匂いを嗅ぐと、なぜか食べたくなるのが「たい焼き」なんです。子どもの頃、秋になると、よく寄り道して、焼きたてのたい焼きを買い食いした記憶が蘇るからかもしれません。

 さて、今回ご案内したいお店は、私が大好きなたい焼きの『けんぞう』さんです。板橋区仲宿の商店街の脇道にある、店頭販売だけの小さなお店ですが、TVのグルメ番組で何度か紹介されている、板橋区住民にとっては自慢のお店の一つ。

 その人気の理由は、たい焼きが美味しいのはもちろんなのですが、まずはルックス。正面から見ると、全長約15cmで普通のたい焼きと同じサイズなのですが、厚みがなんと5cm大! 一般的なたい焼きを2つ重ねたくらいの分厚さです。私も似た厚みのカラダをしているので、ものすごく親近感が湧きます(笑)

1個のたい焼きが2個分くらいあるんです
1個のたい焼きが2個分くらいあるんです

 かじってみると、たい焼きの皮の部分は外がパリッと、中はふっくら、モチモチッとしていて、粉の旨みがしっかり味わえるタイプ。「たい焼きの皮は薄くてパリパリ系が好き」という人でも、ここのたい焼きを紹介すると「この皮は、かなり美味しいね!」という人がたくさんいるんです。

 ところで、たい焼きは「頭」から食べるタイプですか? 「尻尾」から行くタイプですか? そこは意見が分かれると思いますが、ここのたい焼きは頭にも尻尾にもあんこがギッシリ詰まっているので、どちらからでも大丈夫。なんといっても、尻尾まで5cmの厚みがありますから、あんこがたっぷり入る余裕があるんです。

たい焼き2個分はあるサイズなのにたったの150円。この良心的な価格に、子どもから大人、おじいちゃん、おばあちゃん、外人さんも、喜んで買っていくんです
たい焼き2個分はあるサイズなのにたったの150円。この良心的な価格に、子どもから大人、おじいちゃん、おばあちゃん、外人さんも、喜んで買っていくんです
お子さんも常連さんです。お店を切り盛りする内藤寿美子さんは、お客さんの名前まで覚えているので、やさしく声をかけてくれます
お子さんも常連さんです。お店を切り盛りする内藤寿美子さんは、お客さんの名前まで覚えているので、やさしく声をかけてくれます
種類は定番の「小倉あん」「クリーム」「塩入小倉あん」、また「季節のたい焼き」もあり、今は「栗あん」、次は「焼き芋あん」、その次は「黒豆あん」だそうです。すべて150円
種類は定番の「小倉あん」「クリーム」「塩入小倉あん」、また「季節のたい焼き」もあり、今は「栗あん」、次は「焼き芋あん」、その次は「黒豆あん」だそうです。すべて150円