東京でからあげを食べるならここ! 絶品からあげの名店10選

 子供から大人まで幅広い人たちに受け入れられているからあげ。中津のからあげ、北海道のザンギなど最近は、ご当地からあげも注目されていますね。多くのお店がオリジナリティー溢れる味を提供していますが、その中でもからあげ好きなら一度は訪れてもらいたい東京都内の名店を『食楽web』でこれまでご紹介したお店の中から厳選しました。

レストラン香味屋|根岸

2,000円
2,000円

白ワインが決めての洋風からあげ

 東京・根岸にある大正14年創業の老舗洋食店。オムライスやメンチカツなどが有名で、某レビューサイトでもトップ5000にランクインする実力店です。このお店の「チキンの唐揚げ」は、明らかに和食系からあげとは異なる、あっさり、すっきりとした風味のからあげです。しかもこのからあげは、歯が肉の中にゆっくりと沈んでいくほどに柔らかく、軽いにんにくの風味と酸味が飲み込む寸前にのどをふわりと包み込んでくれる優しい味わいのからあげです。

 また、衣がじつに不思議な食感で、第一印象はシャリっとした歯ごたえですが、しばらくすると歯の上でじわりと溶けてゆく感じ。柔らかい肉とすぐに一体になってくれる洋食屋さんが産み出した絶品洋風からあげです。

●SHOP INFO

店名:レストラン香味屋(カミヤ)

住:東京都台東区根岸3-18-18 コートモデリア中目黒1F
TEL:03-3873-2116
営:11:30~22:00(LO20:30)
休:水(12月31日~翌年1月2日)

・・・・・・・

鳥房|立石

みんな無口になる素揚げの名店

 東京には鶏の素揚げの名店がいくつかありますが、都内屈指のディープな飲み屋街、葛飾・立石の『鳥房』はからあげ好きなら誰もが知る有名店。からあげグランプリの素揚げ・半身揚げ部門で最高金賞を2回、金賞を3回も受賞している日本屈指の実力店です。

 名物の「若鳥唐揚」は時価。すべて半身揚げですが、大きさで580~730円くらいまでで、20円刻みでランクがあります。湯気が立っているほどアツアツの素揚げは、モモ、ムネ、手羽などあらゆる部位の味が楽しめます。表面のおこげが、これまた香ばしくて美味。衣なしの素揚げでここまでできるか! という脱帽のクオリティ。カニを食べるときのように、無口になってしまうこと必至の鳥の素揚げが楽しめるお店です。

●SHOP INFO

店名:鳥房

住:東京都葛飾区立石7-1-3
TEL:03-3697-7025
営:テイクアウト15:30~/居酒屋16:00~(若鳥唐揚が売り切れ次第閉店)
休:火曜

・・・・・・・

やきとり 宮川|日本橋

「唐揚げ定食」880円
「唐揚げ定食」880円

鶏料理の名店が出す上品な味わいのからあげ

『やきとり 宮川』は、茅場町に数ある鶏料理の名店のひとつ。ここのからあげの特徴は、竜田揚げのような白い衣。見るだけでサクサク感が伝わってくる色彩で、骨なし2個、骨付き(手羽先)2個に、付け合わせは、オーソドックスなキャベツでなく刻みネギというのも、なんとなくかわいらしい。あっさり系の塩味ですが、噛むと肉汁がじんわりと溢れだします。濃い味付け、ガリッと固い衣のからあげを出すお店が多い中、ここのからあげはなんとも上品な一品です。

 最初に出てきたつけ汁に軽く浸して食べれば、酸味のほか、かすかな甘みが感じられます。さらに刻みネギを合わせると、あっさり味のからあげに爽やかさも加わり、食べながら飲むもよし、〆に啜るもよしの絶品のからあげが楽しめます。

●SHOP INFO

店名:やきとり 宮川

住:東京都中央区日本橋茅場町3-5-1
TEL:03-3668-7080
営:11:00~13:30、17:30~21:00
休:土・日・祝日

・・・・・・・

東京タンメン トナリ・アトレ上野店|上野

固い衣と柔らかい肉が満足感をつくる「ショウガからあげ」

 首都圏に数店舗をかまえる『東京タンメン トナリ』。野菜たっぷりのタンメンが印象的なお店ですが、こちらのからあげは、かなりのハイレベルなんです。ショウガ推しのお店としても知られる同店。注文時にショウガを付けるか聞かれる追いショウガスタイルは、もちろん唐揚げでも健在です。からあげには、たっぷりとショウガが使われており、ショウガ好きにはたまらない一品です。

 ガッチリザックリとした、歯ごたえ抜群の衣にショウガの風味たっぷりの柔らかい肉は、まず衣と肉のギャップに驚かされることでしょう。食べ応えも抜群の唐揚げは、すぐに飲み込むのがもったいなく思えるほど完成度が高く、満足感の高い大人気メニューです。

●SHOP INFO

店名:東京タンメン トナリ・アトレ上野店

住:東京都台東区上野7-1-1 アトレ上野1F
営:10:00~23:00(LO23:00)
休:なし

・・・・・・・

ダイニング・バー・タオ|新橋

働くサラリーマンを支えるガッツリ系からあげの最高峰

 サラリーマンの聖地・新橋に店を構えるこちらのお店は、昼も夜も付近のビジネスマンでいっぱいになる人気店。看板メニューである唐揚げは、名刺入れほどの大きさのジャンボサイズで、箸で持ち上げた瞬間から立ち上るショウガの効いたガッツリ系の唐揚げです。

 シャリっと揚がった、噛むとガリガリと音の出る衣に生姜の強烈かつ爽やかな風味は、食べるほどに五感を刺激され、箸が止まらなくなります。1個食べ終えただけでは満腹にはならないものの、満足は十分に得られる味と食感は絶品です。肉は余分な脂身を取り除いているため、不快感もまったくなく、弾力もたっぷり。新橋のビジネスマンの胃袋を掴んで離さないお店です。

●SHOP INFO

店名:ダイニング・バー・タオ

住:東京都港区新橋4-3-11 第2ニシムラビル1F
TEL:03-3434-6620
営:11:30~14:00(LO13:45)、17:00~22:30(金・祝前日は~23:00、LOフード21:30、ドリンク22:00)、土11:30~22:30(LOランチ15:00、フード21:30、ドリンク22:00)
休:日、祝(土曜の場合は営業)、お盆、年末年始

・・・・・・・

三笠會館・ラ ヴィオラ|銀座

5個で1,100円
5個で1,100円

からあげ界を牽引し続けるレジェンドからあげ

 イートイン唐揚げの元祖のお店として知られる銀座の有名店『三笠會館・ラ ヴィオラ』。昭和7年ごろに生まれたとされる「唐揚げ」の元祖の味を食べることのできるからあげラバーなら一度は、訪れるべきお店の一つです。

 使われる部位は、骨なしムネ、骨付きモモ、手羽先の3種。ひと口食べれば、香ばしいごま油の風味が口の中いっぱいに広がり、食欲を駆り立てます。ムネ肉はホクホク系で、歯を立てるとサックリと噛み切れ、その柔らかさに驚かされます。骨付きのモモ肉は、予想通り肉汁たっぷりのジューシー系。衣は厚すぎず薄すぎず、ちょうどいい塩梅です。余分な油を一切吸っておらず、カラリッ! という表現が似合う、やさしく包み込む母性を感じさせるからあげです。

●SHOP INFO

店名:三笠會館・ラ ヴィオラ

住:東京都中央区銀座5-5-17 三笠会館本店1F
TEL:03-3289-5673
営:11:30~22:30(LO22:00)、土・日・祝11:00~22:00(LO21:30)
定休日:1月1日

・・・・・・・

幸の鳥|八重洲

「名物 唐揚げ」490円
「名物 唐揚げ」490円

スパイシーさにノックアウトされるジャンボからあげ

 和食に中華にイタリアン、ラーメンにおしゃれなカフェまで、あらゆるジャンルの飲食店が軒を連ねる東京八重洲地下街にある昼は定食屋、夜は居酒屋として人気を集めるお店の名物唐揚げ。ここの唐揚げの特徴は、なんと言ってもその度肝を抜かれる大きさと量。親子丼用としか思えないデッカイどんぶりに、ゴルフボール2個分ほどのジャンボからあげが7個も入た非常にボリューミーな一品です。

 もちろん、大きさと量だけではありません。味も抜群で、「シャリッ!」とした歯ざわりの衣には、かすかに“ふんわり感”もあり、歯の上でホロホロと崩れ落ちていくような食感がたまりません。肉はスパイシーで濃い目の味付け。ほんのりとしみ出てくる肉汁と相まって、食欲をそそるビールとの相性が最高なスパイシー唐揚げです。

●SHOP INFO

店名:幸の鳥

住:東京都中央区八重洲1-1 八重洲地下街中4号
TEL:03-5255-3113
営:11:00~22:30
休:無休

・・・・・・・

元祖中津からあげ もり山・学芸大学店|鷹番

「骨なしもも」310円・100g
「骨なしもも」310円・100g

聖地・中津が産んだ塩ダレからあげの名店

 東急東横線・学芸大学駅から徒歩5分ほどのところにある、唐揚げの聖地・中津で人気のお店。これまで8回実施されているからあげグランプリの塩ダレ部門で最高金賞を6回、金賞を2回も受賞している実力店です。最近は東京以外の各地にも進出している、あらゆるカラアゲニストが認める超人気店。

 中津の本店から送られてくるタレをベースに、数日かけて仕込まれる唐揚げは、塩ダレのあっさり目の味付けで、塩は天然塩を使用した逸品。自家栽培のニンニクやショウガ、日本酒の他には余計な味付けをせず、肉本来の美味しさを大切にして作られています。片栗粉を使った衣には、コーンスターチが混ぜこんであり、カリッとした食感を楽しむことができます。弾力ある肉からは、たっぷりの肉汁が出ており、ゆっくりと噛んでいくと、ニンニク、ショウガの爽やかな風味がのどから鼻に抜けていき、食欲をかきたててくれます。体にやさしい天然調味料と、衣のファースト食感にこだわった唐揚げです。

●SHOP INFO

店名:元祖中津からあげ もり山・学芸大学店

住:東京都目黒区鷹番2-8-21
TEL:03-3719-5730
営:11:00~20:00(LO19:30)
休:なし

・・・・・・・

炭火焼・博多もつ鍋 月光食堂|神田

980円
980円

鳥の美味しさを再確認させてくれる絶品素揚げ

 東京・神田にある『炭火焼・博多もつ鍋 月光食堂』はその名の通り、九州料理のお店です。からあげグランプリ金賞受賞の「若鶏の素揚げ」は、大きさもさることながら注目すべきは、揚げ方にあります。1度目の揚げのあと、しっかりと油を切ってから2度目の揚げに入ることで、こんがりバリバリに仕上がっています。

 歯が肉に入ると、肉汁と鶏肉の旨みが一緒になって口の中になだれ込んできます。半身揚げはモモ肉、ムネ肉、手羽先、ささみなど、鶏のあらゆる部位を楽しめるだけでなく、カレー粉と塩をブレンドしたオリジナルのパウダーを軽くまぶして食べると、また違った味わいを楽しめます。どこから食べ始めても飽きのこないこの絶品素揚げです。

●SHOP INFO

店名:炭火焼・博多もつ鍋 月光食堂

住:東京都千代田区神田司町2-9-2ディーキューブビル1F
TEL:03-3293-5177
営:11:30~13:45(LO売り切れ次第終了)、17:00~23:30(L.O.23:00)、土17:00~23:30(LO23:00)

・・・・・・・

ひなたかなた|立川【おまけ】

「馬鹿盛り唐揚げ丼」700円
「馬鹿盛り唐揚げ丼」700円

衝撃的な柔らかさと攻撃的な肉汁に脱帽の「鹿盛りからあげ」

 立川にある「馬鹿盛りからあげ丼」が人気のお店。ランチには、開店と同時に満席になるほどの超人気店です。パソコンのマウスよりやや小さめのからあげが7個も入った「馬鹿盛りからあげ丼」は、そのボリュームもさることながら、マシュマロでもつまんだかのように、箸がからあげにめり込んでいくフワフワな衣が特徴。口に入れて歯を入れた瞬間、解き放たれたように噴き出す肉汁に食欲がさらに刺激されます。下のごはんにも、からあげの味がしっかりと残っているので、最後の一粒まで、美味しくいただくことができるからあげ丼のお店です。

●SHOP INFO

店名:ひなたかなた

住:東京都立川市曙町2-12-15 立川金水ビル3F
TEL:042-528-8220
営:11:30~14:30、18:00~1:00
休:年中無休