秋葉原のNo1デカ盛りカレー! 『フジヤマドラゴン』で2.5kgに挑戦してきた

秋葉原のNo1デカ盛りカレー! 『フジヤマドラゴン』で2.5kgに挑戦してきた
食楽web

 大盛り・メガ盛りパラダイスの秋葉原。定食やラーメン、丼、肉塊などさまざまなボリュームタップリ料理がある中、2.5kgのカレーがあると聞き、向かったのは『フジヤマドラゴンカレー 秋葉原店』。

 その名も「チャレンジMEGAカレー 2500」。数多のフードファイターやユーチューバー、大喰い自慢の猛者たちが食べてきたカレーです。20分以内に食べ終わればタダ。ペナルティはないけれど、20分を超えたらお代1,980円を払う、というもの。

 挑戦者以外注文できないのか聞いてみると「20分経ったら声をかけさせてもらいますが、お支払いいただけるのであれば、普通に注文できますよ」と聞いて俄然闘志が。早食いは無理でも大喰いなら何とかなるかも! と期待に胸を膨らませ、店に向かったのでした。

 卓上にあるメニュー。普通は辛さやライスの量、サイドメニューなどを選べるが、MEGAカレーはライスの量1択の1.3kg、サイドメニューなし。辛さは10段階から選べる

 公式には、ゴハン1.3kg、ソース800gにカラアゲ5個、トンカツ2枚、ガーリック醤油で炒めた豚肉「ガリブタ」や生のネギ&ニンニク、卵黄などでトータル2.5kg。多い日には1日で8食注文が入るそう。

大きな盃のような器は直径約33cm。「チャレンジMEGAカレー 2500」1,980円
大きな盃のような器は直径約33cm。「チャレンジMEGAカレー 2500」1,980円

 待つこと数分、目の前に置かれたのは、すでに器からルーが漏れ出すほど、器のギリッギリまで盛られたカレー! ゴハンが見えない! 山の裾野にはカツ、唐揚げ、ガリブタにネギ、中央の山頂には卵黄が輝く、まるで火山のような巨大カレー丼です。

高さは約12cm。計測のために器を動かすごとにルーがこぼれる~。表面張力の限界まで盛り付けられている
高さは約12cm。計測のために器を動かすごとにルーがこぼれる~。表面張力の限界まで盛り付けられている

 盃(さかずき)のような器ってことは、スプーンを使わず飲んでいいってことでしょうか? やはりカレーは飲み物ってことでしょうか? アツアツなんで、直接口につけたら大惨事になりそうなのでやめておきます。だってトッピングの唐揚げもカツも揚げたて。カレーの海に浸かっているけれど、サクサク、カリッカリなのが見て分かります。

重さは2,512g(器の重さを除く)。公式の重さとここまで近いのは初めて!
重さは2,512g(器の重さを除く)。公式の重さとここまで近いのは初めて!

 こぼれないよう、そ~っとスケールに乗せて計測。重さはなんと2,512g。公式の重さとたった12gの差。目分量で盛り付けてたった12gの差。ここまで公式と近い数字を出したのは初めてです。店長の技を感じます。

おすすめの攻略法は「トッピングの揚げ物から攻める」とのこと
おすすめの攻略法は「トッピングの揚げ物から攻める」とのこと

 計測を終えて早速一口! まずはカレーのルーとゴハンから。ゴハンはターメリックライスで黄色く炊きあがっています。ルーは辛さ0レベルでも、十分スパイシーでおいしい!
 続いてカツカレー、唐揚げカレー、ガリブタカレーと食べ進め、またゴハンと一緒に。これは飽きない。ちなみにネギ&生ニンニクエリアを食べると一番辛さを感じる? 生のネギとニンニクならではのピリッと感が鼻にツンときます。

卓上にある味変アイテムは4種。キャベツのピクルスは甘さを。カイエンペッパーは辛味を
卓上にある味変アイテムは4種。キャベツのピクルスは甘さを。カイエンペッパーは辛味を

 トッピングだけでも十分ですが、もし、もうちょっと辛味やコクが欲しい、味変したい、というときは卓上のスパイスたちに注目。右から、キャベツのピクルス、辛味スパイス(カイエンペッパー)、オリジナルの「社長の会社で作ったスパイス」、「カレーが美味しくなる超うれしい濃厚ソース」などがあり、ちょい足しも可能です。

味変アイテム同様、卓上にあるポットの中身は白湯スープ。そそいで軽く混ぜると、サラサラとお茶漬け状態に
味変アイテム同様、卓上にあるポットの中身は白湯スープ。そそいで軽く混ぜると、サラサラとお茶漬け状態に

 そして、あと3口~5口のところまできたら、白湯スープをかけてサラサラ~っとシメる!
 満腹なのに、白湯スープをかけることで、スッと食べやすく、やさしい味わいへと変化します。日本人のDNAに組み込まれている、最後はお茶漬けサラサラが好き☆ ってのをカレーでできる感じでしょうか。満腹なのに、いい感じでフィニッシュに向かいます。

完食。20分で食べきるのは無理! もちろん1,980円お支払いです。でも大満足!
完食。20分で食べきるのは無理! もちろん1,980円お支払いです。でも大満足!

 白湯スープをそそいだ結果、ゴハン粒ゼロでフィニッシュです。素晴らしい。「挑戦する人は食べきる自信がある人のみで。半分以上残すのはやめてください」と店長さん。SNS映えのために、食べられないのに注文する、というのはナシでお願いします。ちなみに注文は14時以降から。シェア不可です。

 最初は豪華トッピングを順番に味わい、途中で味変も楽しみ、シメは白湯スープでサラサラすっきり、と、飽きずに楽しめるMEGAカレー。ちなみに、毎月23日はフジヤマドラゴンカレーの日。680円のカレーが500円で食べられるので、普通盛りで食べたい人は、23日に行くのもおすすめですよ!

(撮影◎小嶋裕 取材・文◎石澤理香子)

●SHOP INFO

フジヤマドラゴンカレー 秋葉原店 外観

店名:フジヤマドラゴンカレー 秋葉原店

住:東京都千代田区神田岩本町1-13 清新ビル2階
TEL:03-3252-0141
営:11:00~22:00(21:45 L.O.)
休:なし