オンからオフへとスイッチする、ちょっと贅沢なご褒美時間。サントリー ザ・プレミアム・モルツ

オンからオフへとスイッチする、ちょっと贅沢なご褒美時間。サントリー ザ・プレミアム・モルツ
食楽web

 リモートワークが日常になり、家で過ごす時間も増えたいま、オンとオフの切り替えは何よりも大事だろう。仕事時間から一気に心身を解き放ち、特別なひとときを迎える。

 そんなスイッチにザ・プレミアム・モルツが「絶対」と言うシェフがいる。ちょっと高級なビールは、日常をちょっと贅沢な時間にしてくれる。

トップシェフのオフを彩る、ちょっと贅沢なビール

鳥羽周作。1978年埼玉県生まれ。神楽坂『DIRITTO』、青山『Florilege』で修業した後、恵比寿『Aria diTACUBO』ではスーシェフを経験。2016年3月代々木上原『Gris』でシェフに就任後、同店のオーナーシェフとなり、2018年7月『sio』としてリニューアル。翌年にはミシュラン一つ星を獲得
鳥羽周作。1978年埼玉県生まれ。神楽坂『DIRITTO』、青山『Florilege』で修業した後、恵比寿『Aria diTACUBO』ではスーシェフを経験。2016年3月代々木上原『Gris』でシェフに就任後、同店のオーナーシェフとなり、2018年7月『sio』としてリニューアル。翌年にはミシュラン一つ星を獲得

 ある日の夕暮れ、自宅で料理をつくり、家族に振る舞う料理人の姿があった。鳥羽周作さんは開店わずか一年で星を獲得した代々木上原『sio』のオーナーシェフ。昨今はテレビ番組にも多く出演し、オリジナルレシピを惜し気もなく公開。美味しさは無論、斬新な発想でも注目を集めている。

「僕の料理は円を描くイメージ。味と香りには様々な方向性がありますが、そのどれかが突出することなく、上手に組み合わせてできるキレイな円を目指している」(鳥羽さん・以下同)

さあ、ご褒美時間! プシュ
さあ、ご褒美時間! プシュ

 今日は唐揚げとサラダ。定番だが、たとえば、唐揚げに添えたタルタルに奈良漬けを忍ばせてほのかな甘味と酸味を加え、均衡のとれた美味しさに仕立てている。天才的な閃きが宿る料理に寄り添うのがザ・プレミアム・モルツだ。

「めっちゃ好きなんですよ! ビールを飲むときは絶対にプレモルと決めています」

 缶を開ければ、一瞬にしてオフが始まる。ちょっと贅沢な時間に、鳥羽さんも自然と笑顔になる。