サワーに辛口。ついに誕生! 編集長も唸った辛口のうまさは、手間暇かけた「麒麟特製」だからこそ実現できた味わいだった

サワーに辛口。ついに誕生! 編集長も唸った辛口のうまさは、手間暇かけた「麒麟特製」だからこそ実現できた味わいだった
食楽web

 昨今の家飲み需要の拡大とともに、RTD(Ready to drink)市場、つまり缶酎ハイやサワー類などが活況を呈しています。そんな中、好評を博しているのが、この春に大規模なリニューアルを敢行し、世代を問わず多くのユーザーに支持されている「麒麟特製」ブランドです。

 この度、その「麒麟特製」を冠した、サワーの固定観念を覆すまったく新しいサワーが登場するということ、さらに新製品のキーワードが「辛口」である、という情報を掴んだ編集部。

「サワーで辛口とは? ビールに負けないくらい食事に合うとはどういうことなのか?」

 キリンビールがレモンサワーと双璧をなす中核商品として、満を持してリリースする「麒麟特製辛口こだわりサワー」の詳細を探るべく、大西健俊編集長自ら、開発責任者である田山智広さんにお話を伺いながら試飲してみることにしました。

「キリッと辛口でうまいです。これまであまり経験したことのない味ですね。あえて例えるなら”甘くない生マッコリ”という感じ」

 まずは新商品である「麒麟特製辛口こだわりサワー」をひと口飲んで唸る大西編集長。当初は「辛口=ドライ」な飲み口を想像していたそうですが、その予想は良い意味で裏切られたと言います。

「ドライなお酒というとアルコール度数が高く、さっぱりした味わいというイメージもありますが、こちらにはキレがありながら、明らかな「うまみ」が感じられるんです。このうまみの由来って何だろう?」と首をかしげつつ、さらにひと口。うまみの原因を突き止めるべく、今度はゆっくりと味わいながら口に含みます。

 そんな大西編集長のもとへ「これはお米のうまみなんですよ」と答えを明かしながら、田山さんが登場! 今回は「辛口にこだわった理由は?」「辛口なのにうまみがあるのは何故?」など、新商品に関するさまざまな「?」を、田山さんと大西編集長によるガチ対談を通して紐解いていきたいと思います。