高校生の三ツ星通信。肉は男のロマン。神田末広町ジャンク・ロードの「肉汁麺」は肉量で勝負する男麺だった!

高校生の三ツ星通信。肉は男のロマン。神田末広町ジャンク・ロードの「肉汁麺」は肉量で勝負するクールな麺だった!
『肉汁麺ススム』の「肉汁麺」MAX(800g)1,980円 | 食楽web

都内の私立高校に通う良太(リョウタ)と周(シュウ)は、色気より食い気の腹ペコ男子。安くて旨くて、腹がいっぱいになる“俺らの三ツ星店”を探し、食べに行くのが楽しみ。そんな高1コンビが、日曜日の朝練後に向かった先は、地元を離れ、初遠征の 東京神田・末広町。ラーメンの名店連なる“ジャンク・ロード”にある『肉汁麺ススム』へ。

 俺たちは中学生まで地元・杉並区の中でちまちまと生きてきました。しかし、この春、高校生になったし、「たまには区外にでて、旨いものを食べに行こう」と良太と約束していたんです。そんな矢先。

6月某日(日曜日)朝練後

 良太が、「お父さんから面白い情報を聞いた」というのです。「神田・末広町のあたりは、ハイレベルなラーメン屋が密集する場所で、面白いよ」と。

 調べてみると、その辺りは「ジャンク・ロード」と呼ばれているエリア。そして良太父は、1軒のラーメン店『肉汁麺ススム』を薦めてくれたんです。さっそく僕らはそこに行くことにしました。