【特集】東京ひとりめし2017決定版10選|サク食べ、サク飲み、おひとり様必見!

ひとりめしを気軽に楽しむなら、サクッと飲んで、サクッと食べて3000円でお釣りが来るのが理想的。 ジャンルもさまざまな、『食楽』編集部が厳選する10店をご紹介!

『CoCo Craft』@市ヶ谷

東京・市ヶ谷

【特集】東京ひとりめし2017決定版10選|サク食べ、サク飲み、おひとり様必見!
パクチーといただく「手打ち水餃子」500円。濃厚な「箕面W-IPA」グラス600円。|食楽web

クラフトビール×熱々の点心で
ひとりめし

 天然酵母で発酵させた肉厚でモチモチとした食感の老麺の皮や、浮き粉による薄く透き通った滑らかな皮。中からは凝縮されたエビ、ホタテ、肉といった素材の旨みが溢れ出る。そんな熱々の点心と対照的なのが、タップから注がれたばかりの冷たいクラフトビール。複雑な香り、苦味、コクが点心の旨みを巧みに引き立てるのだ。

「ビールと点心、自分の好きなものを単純にかけ合わせただけ」と語るのは店主の高橋玲子さん。元々はキッチンメーカーのマーケティング部でレシピ本などを手がけていた生粋の料理好きだ。在職中からオーガニックの点心専門店で基礎を学び、さらに名門『聘珍樓』で腕を磨き2016年2月に独立。現在も成長の最中であり、香港などで出会った味を自分流に落とし込みながら新メニューの開発にいそしむ。

 無添加、手作り、食感、蒸したてにこだわる点心と、選び抜いたクラフトビールのペアリング。相乗効果をもたらす可能性はまだまだ無限に広がっている。

【特集】東京ひとりめし2017決定版10選|サク食べ、サク飲み、おひとり様必見!
COEDO毬花(473ml)と各種つまみによる「晩酌セット」1,500円(税込)

●SHOP INFO

CoCo Craft

店名:CoCo Craft

住:東京都千代田区九段南4-6-5ヴェルデ九段1F
TEL:03-5215-7005
営:18:00~23:00(22:00LO)
休:日・祝
予算/3,000円 個室/なし カード/可
http://cococraft.info/

(撮影◎大谷次郎 文◎佐藤 潮)


『タヰヨウ酒場』@西小山

東京・西小山

【特集】東京ひとりめし2017決定版10選|サク食べ、サク飲み、おひとり様必見!
「ハラミ」「ハツ」「シロ」各1本120円。濃厚なもつの旨みはエールとの相性抜群。

朝挽きもつ焼き×エールで
ひとりめし

 元は焼鳥屋で働いていたが、自身のビール好きが高じてクラフトビールの名門『ベアードビール』に入店した鳴岡哲哉さん。独立にあたって決めたコンセプトは「大好きなクラフトビールを、もっと気軽に味わってもらう」こと。

 クラフトビールは他の酒と比べ、どうしても単価が高くなる。ならばつまみを低価格に抑え、週に2~3回でも来てもらえる店にしよう。そうして生まれたのが、このクラフトビール大衆酒場というわけだ。

 7つのタップに繋がるのは、厳選した国産クラフトビール。どの醸造元にもリスペクトがあるだけに、合わせる料理もただ安ければ良いわけではない。毎朝自身で仕入れに向かう朝挽きもつ、イワシ節で取る出汁、丁寧に仕立てる手づくりの一品料理。それぞれが味わい深く、価格以上の満足感を約束する。

 もちろん大衆酒場だけに、地酒、国産ワイン、下町風の焼酎ハイボールなど、ビール以外のドリンクも充実。まさに店主の思惑通り、何度でも足を運びたくなる店だ。

【特集】東京ひとりめし2017決定版10選|サク食べ、サク飲み、おひとり様必見!
厨房と距離が近くスタッフとの会話も弾む

●SHOP INFO

タヰヨウ酒場

店名:タヰヨウ酒場

住:東京都品川区小山5-23-16
TEL:03-6886-4533
営:16:00~23:00、日曜12:00~21:00
休:月(月1回日曜休あり 要問合せ)
予算/2,500円~ 個室/なし カード/可

(撮影◎大谷次郎 文◎鴫原夏来)


『蕎麦と酒 木の花』@大井町

東京・大井町

【特集】東京ひとりめし2017決定版10選|サク食べ、サク飲み、おひとり様必見!
信州から取り寄せる国産石臼挽きの蕎麦粉を使う二八蕎麦。強いコシと香りが特徴。汁は〆にふさわしい辛口仕立て。

二八蕎麦×日本酒で
ひとりめし

 大船の名店『九つ井』で蕎麦打ちを、学芸大学の人気店『件』で日本酒を学んだ店主・和田祐太郎さん。その経験の集大成として誕生したのが、蕎麦と酒の店であるここ『木の花』だ。

 まず料理。どれも上質な出汁が活きた和食だが、あくまでも蕎麦前ではなくつまみ。しっかりとした味わいで酒を引き立てる。鮮度自慢の刺身だって揃えている。自慢の酒は、厳選した末の約30種。さらに数々の焼酎を取り揃えているのも、酒場として魅力的なポイントだろう。そしていよいよ〆の蕎麦。食感と喉越しのバランスが良い二八で、コシの良さが魅力。酒の後に味わうため、汁はキリッと辛口に仕上げられている。

 さて、ただ店の流れをご説明してみたが、それぞれハイレベルな料理、酒、蕎麦が、ひとつの店に揃っている。これがどれほど素晴らしいことか。オープンから約半年。ここが予約の取れない店になる日も、そう遠くないかもしれない。

【特集】東京ひとりめし2017決定版10選|サク食べ、サク飲み、おひとり様必見!
「お通し」400円は、日替わりの温かい前菜と揚げ蕎麦。この日は酒粕のシチュー。

●SHOP INFO

蕎麦と酒 木の花

店名:蕎麦と酒 木の花

住:東京都品川区大井1-15-5 GSビル3F
TEL:03-6429-7421
営:17:00~24:00(23:00LO)
休:日
予算/3,000円~ 個室/なし カード/可

(撮影◎上田佳代子 文◎鴫原夏来)


『うどん居酒屋 武蔵野 はせがわ』@新宿

東京・新宿

【特集】東京ひとりめし2017決定版10選|サク食べ、サク飲み、おひとり様必見!
うどんは讃岐産小麦と埼玉県産全粒粉をブレンド。汁は鰹や鯖の出汁に肉の旨みが重なり合う。

武蔵野うどん×日本酒で
ひとりめし

 うどん居酒屋の台頭が目覚しい昨今。博多うどんが東京でも存在感を大きくするなか、今度は武蔵野うどんの新店が新宿に誕生した。店主は練馬にある武蔵野うどんの名店『長谷川』の出身。ミシュランのビブグルマンを3年連続で獲得した実力店が、はじめて暖簾分けを許したという店だ。

「蕎麦前があるなら、うどん前があったっていいと思いまして」

 コンセプトは屋号にあるとおり、“うどん居酒屋”で、酒や一品料理にも注力する。クラフトビールや、燗酒タイプが揃う日本酒は、銘柄をみればセンスのよさは一目瞭然。肴もポテサラやもつ煮込み、南蛮漬けといった酒場の定番料理にアイデアをきかせた逸品が揃う。

 そして、それ以上に秀逸なのが〆のうどんだ。手捏ねして一晩寝かせ、2日目にさらに手捏ねすることで、甘みと風味を引き出しており、優しい汁は飲んだ後の胃に優しく染み渡る。旨い酒肴が揃い、〆まで大満足の一軒。まさにひとりめしにはうってつけである。

【特集】東京ひとりめし2017決定版10選|サク食べ、サク飲み、おひとり様必見!
粒ぞろいの日本酒。燗にして旨い銘柄が多い。

●SHOP INFO

うどん居酒屋 武蔵野 はせがわ

店名:うどん居酒屋 武蔵野 はせがわ

住:東京都渋谷区代々木2-13-6 YU-WAビルB1F
TEL:03-6276-2451
営:17:00~24:00(23:00LO)
休:日・祝
予算/3,000円~4,000円 個室/なし カード/可

(撮影◎貝塚 隆 文◎吉田慎治)