常連客の“テッパン”メニュー!人気居酒屋『元樹』の 絶品“まぜそば”

都営三田線・元蓮沼駅から徒歩1分のもつ焼き屋『元樹』。いつも地元のお客さんで賑わう超・人気居酒屋だ。いったいどんなメニューが人気なのか。そこで、常連客の一人、向井聖(きよし)さんに「絶対食べるべき!」という“テッパン”メニューを教えてもらった。

常連客の“テッパン”メニュー!人気居酒屋『元樹』の 絶品“まぜそば”
食楽web

『元樹』に通い始めて2年という板橋区在住の向井さん。「肉をガッツリ食べたいなと思う時に行くのはもちろん、別の店で飲んだ後にも、つい足が勝手に向かってしまうんです」というほどの“元樹マニア”。

「モツ焼きやつまみなどの美味しいメニューはいろいろあるのですが、僕は、いきなり〆のラーメンをお勧めしてしまいます」という。その理由とは……

 向井さんが“もっちゃん”と呼ぶ、店主・坂田元樹さんは、10数年前に『丸元』(まるげん)という超濃厚トンコツの味の人気ラーメン屋をやっていた方。繁盛していたその店をわざわざ閉めたのは、もつ焼き屋をやりたかったからだそうで、有名なホルモン焼き屋などで修行を重ね、今の店を2013年に開いた。

「だから、居酒屋なのに、ここのラーメンはピカイチ! めちゃくちゃ旨いんですよ。その秘訣は、もっちゃんオリジナルのジャン油にあると思います。ニンニクが効いたパンチのある濃厚な味です。そのジャン油が光る、唯一無二の麺をテッパンメニューとしてお勧めします。それは、汁ナシの“男麺一発”というまぜそばです」

 ちなみにジャン油とは、ラーメンを作る際にスープと合わせる醤油ダレのことで、ラーメン屋はスープと共にこだわるタレだ。

「濃厚なジャン油と、モチモチの太麺、さらに具材の紅ショウガ、天かす、自家製のメンマ、自家製チャーシューと、たっぷりのネギと濃厚な卵の黄身。この合わせ技は、奇想天外ともいえる発想で、どこにもない味ですよ」

「男麺一発」800円。モチモチの太麺に絡まるジャン油が味の決め手。
「男麺一発」800円。モチモチの太麺に絡まるジャン油が味の決め手。
ちなみに、ラーメン600円も大人気。背脂系のスープと濃厚ジャン油の味だが、意外にもあっさり食べられる。脂の量、味の濃さ、麺の固さなどの加減を言えば、カスタマイズして作ってくれる。
ちなみに、ラーメン600円も大人気。背脂系のスープと濃厚ジャン油の味だが、意外にもあっさり食べられる。脂の量、味の濃さ、麺の固さなどの加減を言えば、カスタマイズして作ってくれる。